Windows Updateの不具合について



Windows Updateの不具合が原因で、データが消えるなどの問題が発生した場合の対処方法についてお知らせいたします。


不具合の詳細

Windows Updateやアップグレードの不具合が原因で、コンピューター再起動後に、データの場所が変わったり、無くなったりする現象が起きる場合があります。

Windows Updateの不具合の多くは、Windowsの更新中では無く、コンピューターを再起動するタイミングで発生します。

当社製品のアップデートで、コンピューターの再起動が必要な場合、そのタイミングと同時にこの問題が発生するため、当社製品の不具合と間違われることがありますが、当社製品とは関係ありません。

不具合の対処方法

この問題は、コンピューター再起動後のユーザーアカウント選択画面から、一時プロファイルの状態でコンピューターにサインインした場合に発生します。

初期の段階ですと、コンピューターを再起動することで、問題が解決することがあります。

コンピューターの再起動を繰り返しても問題が解決されない場合は、プロファイル修復ツールをご利用下さい。

プロファイル修復ツールについて

Windows Updateやアップグレードの不具合で、ユーザーのプロファイルが一時プロファイルに書き換わる問題を修復します。

MySupportのツールメニュー、削除ツールのプロファイル修復ツールからプログラムを実行して下さい。

※MySupportのメニューに削除ツールが表示されない場合は、ダウンロードページからMySupportを最新版に更新して下さい。 

プロファイル修復ツールは以下のリンクからダウンロードすることも可能です。

このプログラムはお客様の責任でお使いください。

プロファイル修復ツール fixprofile.exe


前のメニューに戻る

トップにもどる